田中美郷教育研究所とは

3


田中 美郷
(耳鼻咽喉科医)

過去50年にわたり聴覚障碍児の検査・診断・教育/療育に携わってきた耳鼻科医・田中美郷が所長を務める、聴覚・言語・コミュニケーションに課題のあるお子さま方のための教育機関です。

聴覚障碍のお子さまには、関連医療機関との連携のもと、言語・発音の個別レッスン、グループレッスン、聴力検査、言語発達検査、補聴器装用プログラム、人工内耳プログラム、学業補助、生活指導、進学・就職サポートなどを行っております。保護者のみなさまへは、お子さまのことばの発達のために、ご家庭で取り組んでいただくホームワークをお渡しするほか、ご両親講座(ホームトレーニング プログラム)、手話クラブなどもご用意しております。

スタッフは、耳鼻咽喉科医である田中美郷をはじめ、言語聴覚士・心理士・ビジョンセラピスト・理学療法士・作業療法士等、全員が経験豊富な有資格者です。

遠隔地の方は、スカイプを使ったレッスンを受けていただくことができます。また、遠隔地にお住まいでも、お近くでレッスンご希望の方がお集まりになれるときは、訪問指導もお受けしております。
長期入院中など、外出困難でこちらにおいでになれないお子さまは、訪問指導も可能ですのでご相談ください。

難聴はないけれど、発音やことばの発達にご心配のあるお子さま、発達障碍などのお子さまのレッスンもお受けしております。発達の状態は、お子さま一人ひとり異なりますので、様子を見させていただき、指導のプログラムをたててアプローチいたします。

さらに、「ノーサイドクラブ」という、お子さまたちや保護者のみなさまのためのサークル活動もあります。お子さま方向けには、それぞれの個性を見出し伸ばしてあげるプログラムを、保護者のみなさまには、お子さまと豊かに向き合うためのサークルを開催しております。

また、聴覚障碍児を診断する立場の耳鼻咽喉科医師、教育/療育を担当する言語聴覚士、ろう学校・特別支援学校教諭、難聴学級教諭、ことばの教室教諭、難聴幼児通園施設職員等、専門職の方々へのスキルアップのための勉強会、研修会等を開催しています。自治体からの受託で、特別支援学校や保育園等への専門家巡回指導もさせていただいています。

山梨県甲府市に分室があります(ノーサイド甲府教室)。

2016(平成28)年には、グループ企業だったシーアイ総合研究所を吸収合併し、そこで行っていたおもに障碍者関連団体が行うパソコン教室の企画・運営(PC教育センター)、音声言語のテキスト化(ドキュメントセンター)等の事業も展開しています。

通称「ノーサイド」

田中美郷教育研究所は、よく「ノーサイド」・「ノーサイド クリニック」と呼ばれています。
「ノーサイド(Noside)」とは、ラグビーの試合終了を意味する言葉で、敵・味方に分かれて戦った選手が、勝ち負けを離れてお互いの健闘を讃え合うという意味があることはよく知られています。
田中美郷教育研究所設立のモットーとして、「障碍者・健常者の区別なく、みながその存在を認めあい、ともに生きていくというノーサイド精神で活動を実践していく」というところからいつしか「ノーサイド」と呼ばれるようになりました。

会員数

 総数男性女性
会員563301262
地域別
北海道・東北19910
関東482249233
中部・近畿28199
中国・四国211
九州32239
 

2017(平成29)年3月末現在
開設当初の会員は、すでに社会人となっています

5